継次処理か同時処理か?今までの学習方法は無意味だった!?徹底解説!

漢字をひたすら空書き(目の前に指を出して書くこと)して覚える。

 

覚えるまで何度も何度もひたすら書き取り訓練を繰り返す・・・。

家庭で、学校で、こんな風に漢字を学習しているお子さんはいないでしょうか?

 

これ、はっきり言ってとてつもなく時間の無駄になっているかもしれません!!

 

実は、情報の処理の仕方には、「継次処理」「同時処理」という二つの方法があり、どちらが優位かによってそれぞれ適した学習方法があるのです。

 

それを無視して、「できるまでやり続けなさい!」と言っているのは時代遅れかもしれません・・・。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを入力していただくと、記事の更新をメールでお知らせします。

新着記事
カテゴリー
Twitterやってます
管理人

東京都を中心に児童の発達に関わっています。
学習・運動・心理など、幅広い面から児童の生きる力を育むためのサポートをしている。

健康オタクで健康に関するものは片っ端から手を出している。
ハマったものにはとことんのこだわりタイプ。

野球が大好きで大のベイスターズファン。

ページの先頭へ