家庭でプロジェクターを使ってみたら思いのほか素晴らしかった話

目安時間:約 6分

LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは。
 
夏休みに入り、お子さんは宿題や習い事、遊びに打ち込んでるのではないでしょうか?
 
最近はネットTV(Amazonプライム・ビデオやHulu、Netflixなど)の普及により、夏休み中も自宅で楽しく映画などを見ることができるようになってきました。
 
我が家で映画を見るときに、プロジェクターを使うと臨場感がアップして良かったので紹介したいと思います。
 

 

プロジェクターって難しそう、めんどくさそう

 
結論から言うと、全くそんなことはありません。
 
簡単な流れとしては以下の通りです。
ちなみに、我が家ではFireTV Stickを使ってAmazonプライムビデオを見てるので、その例で紹介しますが、他のものでもそれほど差はありません。
 
手順としては以下の通りです。
 
①プロジェクターとコンセントをつなぐ
②FireTV Stickとコンセントをつなぐ
③プロジェクターとFireTV Stickをつなぐ
 
たったこれだけです。
 
ちなみに、我が家で壁に写すとこんな感じ。
 

 
どうでしょうか?
かなり綺麗に写ってると思いませんか?
 
それでは、設置の手順を見ていきましょう。
 
 

プロジェクターについて

我が家で使用しているのはVANKYOのプロジェクターです。
 

 
Amazonで手頃な価格で販売されていてコストパフォーマンスに優れた機種です。
 
このプロジェクターは家庭用ではかなり輝度の高い2500ルーメンを誇る機種です。
 
家庭用プロジェクターの大半が1800〜2100ルーメンなのでかなり優秀ですね。
 
その他の操作性は普通のプロジェクター同様で、HDMIが接続できる機種ならパソコンやスマートフォン、ゲームなども出力して楽しむことができます。
 
大勢で集まって映像を見たりゲームをしたりする時にも役立っています。
 
使わないときはケースにすっぽり収まるのも便利ですよ。
 

 
 

 
 

①プロジェクターを設置する

コンセントをつなぐだけです。
全く難しいことはありません。
強いて言うならどの高さに設置するか、というのとだけでしょうか。
  

②FireTV Stickを設置する

こちらもコンセントにつなぐだけです。
FireTV StickがあればプライムビデオやDAZNなどの映像コンテンツを手軽に楽しむことができますので、ぜひ手に入れておくことをお勧めします。
何と言っても安いですしね。
  

③プロジェクターとFireTV Stickをつなぐ

プロジェクターとFireTV StickをHDMIケーブルでつなぐだけです。
 たったこれだけで接続完了です!
  

プロジェクターを起動する。

本体またはリモコンの電源ボタンを押して起動します。
 
起動後、投影する場所の微調整とレンズの横にあるダイヤルでピント合わせを行います。
  

HDMI出力をする

投影の調整ができたらHDMI出力をします。
これで、FireTV Stickの画面が映し出されます。
 
あとは、見たい映画やドラマなどを選んで大画面で楽しむだけです!
 
音量もお好みに合わせて調節してくださいね。
 
ちなみに、我が家は壁紙が白いのでそのまま壁に投影しても気になりませんが、気になる方はスクリーンを用意すると更に良いと思います。
  

スポンサーリンク


 
 

大画面で迫力ある映像をご家族で!

大きな画面で見るとやはり臨場感があります。
我が家では、ジュラシックパークなどを家族で大画面で見てとても楽しめました。
 
ネットTVには教育系のものや児童向けのものなど、子供が見ても十分楽しめる、勉強になるものが多くありますので、この機会に導入を検討されてみてはいかがでしょうか?
 
本来なら外で遊ばせたいところですが、これだけ暑いと子供だけで遊ばせるのは熱中症等の心配もあります。
 
ルールを決めて上手にコンテンツを使いこなして暑い夏を乗り越えましょう。
 
 
いつもお読みいただきありがとうございます!
 ご覧いただきありがとうございました!
当ブログでは、ご意見・ご感想を大募集しております。
疑問に思ったことや、ブログで取り上げてほしいことなど、お気軽に以下のメールアドレスまでお問い合わせください!
皆様からのメールをお待ちしております!
メールを送る

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
新着記事
管理人

管理人:みんこ

東京都を中心に児童の発達に関わり8年目。
学習・運動・心理など、幅広い面から児童の生きる力を育むためのサポートをしている。

保護者向けのアドバイスはもちろん、小学校教員や児童本人とも一緒に取り組み、一人一人がもっている力を最大限発揮できるよう尽力中。

健康オタクで健康に関するものは片っ端から手を出している。
ハマったものにはとことんのこだわりタイプ。

ページの先頭へ