子供の気持ちを尊重する4つの関わり方

子供が何かに失敗していたり、怒っていたりする時、あなたは次のような言葉をかけてはいませんか?

 

「こうやればよかったのに。」
「だから言ったでしょ。」
「どうしてそんなことしたの?」

 

これらの忠告や質問など、正論を振りかざすやり取りでは子供は心を開いてくれません。
むしろ、「お母さんやお父さんと話してもムダ。」と思ってしまい、遠ざけるようになってしまいます。

 

子供が自分の気持ちをうまく処理し、上手に関わるようにするためにはちゃんとした方法があります。
その方法を知っているか知らないかでは、親子関係が大きく変わってくるでしょう。

 

今日は、子供の気持ちを尊重し、うまく関係を築いていく4つの方法をお伝えします。

 この記事の続きを読む   

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを入力していただくと、記事の更新をメールでお知らせします。

新着記事
カテゴリー
Twitterやってます
管理人

管理人:みんこ

東京都を中心に児童の発達に関わり9年目。
学習・運動・心理など、幅広い面から児童の生きる力を育むためのサポートをしている。

健康オタクで健康に関するものは片っ端から手を出している。
ハマったものにはとことんのこだわりタイプ。

野球が大好きで大のベイスターズファン。

ページの先頭へ