IQって何?WISC-Ⅳの結果の見方と支援の手立て4選

目安時間:約 22分

近年、子供たちの発達のアンバランスさを見取るために、知能検査が活用されています。

 

お子様の発達が気になって自治体の相談窓口や療育センターに行ったことがある方は、

知能検査を勧められたことがあるかもしれません。

 

この知能検査にはいくつか種類があるのですが、現在広く使われていて代表的なものが、

今日紹介する「WISC-Ⅳ」(ウィスクフォー)という検査です。

 

検査を行うと、報告書をもらうことができるのですが、この結果を見ても、

何となくグラフと数字が書いてあることしか分からない、という状況になる方が多くいらっしゃいます。

 

検査者のコメントもついているのですが、定型文を基に報告書を書いていますので、何となく堅苦しくて

読みにくく、結局何を言っているのか分からない、という方も多いようです。

 

そこで本日は、お子様のWISCの検査結果をどのように読み取り、また、どのように生活や学習に

生かしていけばよいのか、ということをお伝えしていきます。

 この記事の続きを読む   

スポンサーリンク


カテゴリー
新着記事
管理人

管理人:みんこ

東京都を中心に児童の発達に関わり8年目。
学習・運動・心理など、幅広い面から児童の生きる力を育むためのサポートをしている。

保護者向けのアドバイスはもちろん、小学校教員や児童本人とも一緒に取り組み、一人一人がもっている力を最大限発揮できるよう尽力中。

健康オタクで健康に関するものは片っ端から手を出している。
ハマったものにはとことんのこだわりタイプ。

ページの先頭へ