今がラストチャンス!ふるさと納税で賢く贅沢!

目安時間:約 15分
  • 人気ブログランキング

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

みなさんはふるさと納税を活用していますか?

 

私は先日、人生初のふるさと納税をしてみました!

思っていたよりもずっと簡単で拍子抜けしてしまいましたが(笑)

 

ふるさと納税を活用することで、実質負担額2,000円でお肉や魚介類、その他各地の特産品や伝統工芸品など、普通に買うと何万円もするようなものを手に入れることができます。

 

賢く使えばとても大きなメリットが得られる制度ですので、ぜひ活用してみてください。

 

今回は、簡単な説明と実際の手順、おすすめの返礼品について紹介していきます。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、個人が納めている住民税の約2割を目安に、自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、 年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができる制度です。

※課税所得によって控除額は変わります。また、申告をする必要があります。


また、寄附する際には自治体によって寄附金の「使い道」が指定でき、各地域の魅力的なお礼の品をもらうことができます。

 

つまり、実質2,000円の負担をするだけで(2,000円を超える部分については控除が受けられるため)、各地域の特産品を受け取ることができるのです。

 

自分のふるさとに納税してもいいですし、魅力的な特産品をプッシュしている自治体を応援するのもいいでしょう。

使い道も公共事業や教育費用などから指定することができますので、社会に貢献した気分になり少し気持ちが良い感じがしますよ。

 

更に、ワンストップ特例制度というのが始まったことで、みなさんが避けてきた確定申告をしなくても手軽にふるさと納税ができるようになりました。

 

今までよりも手軽に、身近になったふるさと納税を利用して賢くメリットを受け取りましょう!

 

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みについては、以下の画像が分かりやすく示してくれています。

 

(出典:ふるさと納税とは?

 

私たち寄附者が、寄附したい自治体を選んで寄附をします。

すると、寄附をした自治体から証明書が届くので、それをもって確定申告をするのが一般的な流れです。

 

確定申告をすると、その年の所得税からの還付(お金が戻ってくる)と次の年の住民税の控除(減額)を受けることができます。

 

 

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告が不要になります。

 

ですが、ワンストップ特例制度を利用するためには条件を満たしている必要がありますので、まずは自分が以下の3つの条件に当てはまっているのか確認をしておきましょう。

 

①元々確定申告をする必要がない給与所得者(サラリーマン)であること

⇒年収2,000万を超えている、医療費控除の申請をするなどで確定申告が必要な場合には、ワンストップ特例制度は利用できません。

 

②1年間の間に寄附を行った自治体が5つ以内であること

⇒1つの自治体に複数寄附しても1カウントです。寄附の回数ではなく、寄附した自治体の数で計算します。

 

③申し込みごとに自治体へ申請書を郵送していること

寄附金税額控除に係る申告特例申請書マイナンバー及び本人確認書類の郵送が必要となります。

※詳しくは「ふるさと納税の手順(控除手続き)」の項をご覧ください。

 

以上3つの条件を満たしている場合はワンストップ特例が利用できます。

(③は実際に寄附してからの作業になるので、①と②を満たしていればOKです)

 

確定申告が面倒、という方はぜひこのワンストップ特例を利用してふるさと納税を行ってみましょう。

 

いくらまで寄附できるのか?

ふるさと納税は収入(正しくは課税される収入)によって控除される上限金額が異なってきます。

そうすると、実際に自分はいくら寄附することができるのか(いくらまでの寄附なら実質2,000円の負担になるのか)ということを知りたいですよね。

 

自分の控除上限額を知るためにはシミュレータを使うのが簡単ですので、以下のシミュレータ使って計算してみてください。

 

控除金額シミュレーション

 

ちなみに、自己負担額は増えますが、シミュレータで計算された額を超えた寄附も行うことができます。

 

例えば、自分の控除上限額が50,000円だけれど、60,000円の寄付でもらえる高級ステーキセットが欲しい、という場合には、12,000円の負担を負うことで返礼品を受け取ることができます。

 

多少自己負担が増えてもその返礼品に魅力がある場合やまだ十分に得であると考えられる場合には、控除上限額を超えた寄附をしてみるのもアリだとは思います。

 

スポンサーリンク


 

ふるさと納税の手順(返礼品注文まで)

今回は、「ふるさとチョイス」を使った場合の手順を説明します。

他にも「さとふる」など、いくつか有名なサイトがありますが、基本的には同じような流れでできますので参考にしてください。

 

どちらを利用するにしても、まずは会員登録を済ませておいてくださいね。

 

①欲しい返礼品を選ぶ

まずは自分が欲しい返礼品を選びましょう。

 

キーワードで直接検索してもいいですし、カテゴリーやランキング、地域などから探すこともできます。

 

探している間はとても楽しいので、自分にぴったり合った返礼品がないかワクワクしながら探してくださいね。

 

②寄附の申し込みをする

それでは実際に寄附をしてみましょう。

今回は例として、ふるさとチョイスのランキング1位である、佐賀県上峰町の「黒毛和牛ドカ盛り2000g」で紹介します。

 

まずは、商品紹介画面の右下にある赤色の「寄附を申し込む」ボタンをクリックしましょう。

 

 

③必要事項の確認・入力をする

寄附申し込みボタンを押すと、確認事項が表示される画面に移動します。

 

自治体によって多少の差はありますが、全体的な内容に変わりはありません。

最初に、お支払期限やワンストップ特例申請書、発送予定日などについて書かれた項目が表示されます。

 

下へスクロールしていくと、自治体によっては発送状況や寄付についての同意を求められるのでチェックを入れましょう。

 

 

更に下へスクロールすると、申込者情報、お届け先情報入力欄になります。

これは、会員登録時に入力したものが反映されていると思いますので、必要に応じて修正してください。

 

次に、寄附情報入力欄です。

寄附情報では、「寄付金額」「寄附金の使い道」「支払方法」の三つを選択します。

 

以下の例ではそれぞれ、「10000円」「町長おまかせ」「クレジット決済」を選んでいますが、ここはお好みで選んでくださいね。

余談ですが、自分でふるさと納税をするときには、どうしても教育に関係する使い道を選ぶことが多くなってしまいます(^-^;

 

 

その下は「お礼の品」の選択欄です。

お礼の品は種類がたくさんあるので、間違えないように商品コード(例の場合はB-153など)で選択するようにするとよいと思います。

 

基本的には、最初に選んだ商品は元々選択されているので、寄附を上乗せして商品を追加する場合などに注意が必要です。

 

ワンストップ特例のチェックを忘れずに!

最後の方に来ると、ワンストップ特例を利用する場合のチェック項目があります。

ここでチェックを忘れた場合、自分で申請用紙をダウンロードして印刷することになり少し手間が増えるので要注意。

 

ワンストップ特例を利用したい方は忘れずにチェックを入れてください。

 

 

寄附情報の公開などは必要に応じて選択してください。

 

最後まで入力が済んだら、一番下の確認ボタンをクリックして、間違いがなければ支払いに移ります。

 

ふるさと納税の注文は何も難しいことはありません。

ハッキリ言ってネットショッピングを一度でもしたことがある方なら全く問題なく行うことができるでしょう。

 

ぜひ、自分のお気に入りの地域や返礼品を探して寄附してみてくださいね。

 

 

ふるさと納税の手順(控除手続き)

さて、この項目が皆さんがふるさと納税を避ける一番の壁となっているのではないでしょうか。

 

何となく難しいイメージをもっている方も多いとは思いますが、ワンストップ特例を利用すればとても簡単です。

 

事前に必要なものを用意して取り組んでいきましょう。

 

 

確定申告の場合

確定申告を自分で行う場合、必要になるのは「寄附金受領証明書」(寄附後に自治体から発送されてきます。なくさないように要注意!)です。

 

後は、確定申告でその他必要なもの等揃えていけば特に問題はありません。

 

ふるさと納税に関連するもので必要となるのは、上記の証明書だけです。

 

なお、確定申告の方法については本記事の主旨と異なるため割愛させていただきます。

 

ワンストップ特例を利用する場合

続いてワンストップ特例を利用する場合です。

以下のものを準備してください。

 

・ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)

・封筒・切手(自治体によっては用意してくれます)

・印鑑

・マイナンバー(カードがあればベストですが、番号が分かればOKです)

・本人確認書類(マイナンバーカード可。なければ顔写真付きのものと、現住所が分かるもの)

 

特例申請書は申込時にチェックを付けていれば自治体から郵送されてきます。

チェックをし忘れた場合は、サイトからダウンロードして使用しましょう。

 

確認書類については、以下のものが利用できますので用意しておきましょう。

 

出典:ワンストップ特例制度の申請について

 

書き方については、下記の画像を参考にしてください。

自治体によっては、同じような記入例を同封してくれています。

 

 

上記の記入が終わったら、封筒に入れて自治体に送るだけです。

 

難しいことは特にありませんよね。

 

ただし、一つだけ注意があります。

 

2017年の寄附申し込みについて、ワンストップ特例を受けるためには、自治体に1月10日必着で郵送する必要があります。

 

この期限を過ぎると、自分で確定申告をしなければならなくなるので、必ず1月10日に間に合うように手続きを進めてくださいね。

 

 

確定申告とワンストップ特例の控除方法の違い

最後に、確定申告とワンストップ特例の控除方法の違いを簡単に説明します。

 

どちらも実質負担額は変わらないのですが、

 

・確定申告は支払った所得税の一部が戻ってきて残りは翌年の住民税から減額される。

・ワンストップ特例は、翌年の住民税から減額される。

 

この差だけです。

 

確定申告の場合、一部のお金が手元に戻ってきますがワンストップ特例は戻ってはきません。

しかし、戻ってこなかった分も含めて翌年の住民税から減額してくれるのがワンストップ特例の控除方法になります。

 

自己負担額に差はないので、それぞれの生活環境に適したものを選択されるとよいでしょう。

 

(出典:ふるさと納税とは?

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ふるさと納税は、仕組みと手順を理解すればそれほど難しいものではありません。

 

というか、「ちょっと難しそう・・・。」という理由で避けてしまうのは、あまりにももったいないくらいメリットの大きい制度です。

 

収入の差によって得られる返礼品に差はあるものの、収入が少ない方でもメリットを受け取ることができますので、税金を納めている全ての人におすすめであるといえます。

 

ぜひこの機会にふるさと納税を試してみませんか?

 

2017年も残り約2週間。

駆け込みでメリットを受け取るなら今がラストチャンスですよ!

 

ふるさとチョイス

 

さとふる

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
新着記事
Twitter
管理人

管理人:みんこ

東京都を中心に児童の発達に関わり8年目。
学習・運動・心理など、幅広い面から児童の生きる力を育むためのサポートをしている。

保護者向けのアドバイスはもちろん、小学校教員や児童本人とも一緒に取り組み、一人一人がもっている力を最大限発揮できるよう尽力中。

健康オタクで健康に関するものは片っ端から手を出している。
ハマったものにはとことんのこだわりタイプ。

ランキング参加中

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

Counter
  • 190795合計:
  • 967今日:
  • 1166昨日:

ページの先頭へ